attac-WSF blog

アクセスカウンタ

zoom RSS WSF2006 Karachiレポート no.1

<<   作成日時 : 2006/03/27 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

画像


WSF2006カラチに参加しているattac関西グループの寺本さんから送られてきたレポートです。

------------------------


第6回世界社会フォーラム(WSF)は、多中心的フォーラムとして、アフリカ、ラテン・アメリカ、アジアの3大陸で開かれた。アジアでは、3月24日から29日にかけて、パキスタンのカラチを開催地として行われた。私は、アジア社会フォーラム、第4回WSF(インド・ムンバイ)、第5回WSF(ブラジル・ポルトアレグレ)に続いて、このWSFカラチに参加することができた。全日程の参加が難しく、3日間だけの参加だったが、その雰囲気だけは伝えることができると思う。

今回、世界社会フォーラムが多中心的なものとして開催されるに至った経過については、CADTM=第三世界債務帳消し委員会代表、WSF国際評議会メンバーのエリック・トゥサンへのインタビューのなかで、「WSFの開催は頻繁すぎ、WSFの開催は隔年にするのが望ましいと考えました。最終的には、二〇〇五、二〇〇六および二〇〇七年は毎年の開催を維持するが、二〇〇六年には複数の開催地に分散化することで合意しました。」「主要な目的は、地域的な力学を発展させながら、細分化を回避することです。」と述べられている。また、トゥサンは「これらの三つの大きな集まりの中心テーマを分析してみると、明確な収束点が存在します。この意味で、政治的な細分化のリスクについて私は心配していません。たとえば、二〇〇五年のポルトアレグレ・フォーラム以来の重要な基軸である『政治権力と社会的解放のための闘争』は、三つのフォーラムすべてに存在しています。さらに、最大の、最も重要な挑戦課題は、共同行動の優先順位を決めることです。」として、挑戦課題を設定していた。

カラチでの開催は、当初1月の予定だったが、昨年10月8日にパキスタン北東部を襲った大地震の影響で、3月に延期された。恐らくパキスタンのWSF組織委員会の苦労は大変なものだったと推測できる。事実、私がWSFカラチへの参加を決めてから、毎日のようにWSFカラチの公式サイトを見ていたのだが、24日のオープニング・セレモニーや25〜28日のカンファレンスやセミナー・ワークショップの開催場所の告知が出たのが開催の直前だったし、プログラムの一覧がサイトで公開されたのは出発の前の日だった。それでも、先着していた日本からの参加者によれば、25日には全体のプログラムが印刷されていて、入手できたとのことだった。ムンバイでのフォーラムの際には、始まって数日しても入手できない人もいたので、これは上出来と言うべきだろうか。

24日のオープニングセレモニーには日程の関係で参加できなかったが、参加した人の話では会場の競技場がほぼ一杯になる盛況だったという。サイトによれば、発言者としては、タリク・アリ(パキスタン出身の作家で活動家)、ツツ大主教(南アフリカ)、ウォールデン・ベロー(フォーカス・オン・グローバル・サウス)、ジェレミー・コービン(イギリス労働党の反戦派議員)らが名前を連ねていた。

パキスタンまでは、マイレージの関係でタイ航空を利用した。バンコクを経由して(約4時間の待ち時間があり、その間にWSF公式サイトやWSF日本連絡会の速報ブログを見ることができた)、自宅を出てからカラチのホテルまで約21時間の旅程だった。ちょっと驚いたのは、バンコクからカラチまでの飛行機には、女性の乗客がほとんど乗っていなかったことだ。タイ航空では、降りる時にランのコサージュを配っているのだが、乗務員は乗っていた数人の女性に手渡しただけだったようだ。

カラチ国際空港には夜に11時頃の到着で、ホテルに空港でのピックアップを事前に依頼していて「OK」の返事ももらっていたのだが、案の定来ていない。「案の定」と言ったのは、WSF日本連絡会の速報ブログで「ピックアップが来ていなかった」と書かれていたのを目にしていたので、「やっぱり」と慌てなくて済んだのである。後で、ホテルで聞くと「電話してくれれば行ったのに」とのことだったが、後の祭りである。そもそも空港到着時には公衆電話から電話する準備などできていないのだし。

空港にはWSFが開催されていることを窺わせるようなものは一切なかった。空港から市内までは10キロくらいあっただろうか、深夜だったせいもあるが道路も空いていて、快適なドライブだった。ただ、タクシーが古いのか、走り出す時にキーキーと音を発するのとドライバーが赤信号でも平気で無視して走るのにはまいってしまった。道路を行く車は、インドのハイデラバードやムンバイに比べても、古い車が多いようだった。乗り合いミニバスは、フィリピンのジプニーのように(ある意味ジプニー以上に)派手に飾り立てている。オート三輪のリキシャーも走っていた。

ホテルは、サダル地区にあって、「中級ホテル」(「地球の歩き方」による分類では)が軒を並べる地域だった。ホテルの1階(パキスタンではイギリス流の「グラウンド・フロア」)はどこも食堂などの店舗が入っている。夜遅くにもかかわらず、結構人通りは多い。日本からの参加者4人がこのホテルに宿泊することになっている。ホテルの部屋に落ち着くと、先に到着していたアタック京都のKさん、WSF日本連絡会のSさんの部屋にお邪魔して、WSFの様子を聞いた。二人とも疲れているようだったが、プログラムを見せてもらい、インターネット接続の具合などを教えてもらった。ちょっと私も疲れたので、明日以降に備えることにする。

(3月25日)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Percocet extract how to shoot.
Percocet. ...続きを見る
Buy percocet online.
2008/11/26 13:05
Buy ambien.
Buy ambien. ...続きを見る
Buy ambien.
2008/12/19 01:28
Percocet verses lortabs.
Identify percocet 93-490. Percocet. Percocet vs. lortabs. How long does percocet stay in your system. ...続きを見る
Effects of long term...
2008/12/26 14:18
Buy valium.
Antidote soma valium. Internet-rx.com valium. Valium liquid form. Valium. ...続きを見る
Valium.
2009/04/06 10:45
Valium drug information.
Drug valium. Valium drug test. Valium drug information. ...続きを見る
Drug testing valium.
2009/04/22 12:16
Mature sex.
Mature sex. ...続きを見る
Mature sex link.
2009/04/25 13:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Лучшая <a href="http://www.absolute-media.com.ua/index.php?&page=search">наружная реклама</a> по хорошей цене
ArkadijVorobjov
2010/12/13 01:57
I took my first mortgage loans when I was 25 and it helped me very much. But, I require the student loan once again.
business loans
2011/08/15 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
WSF2006 Karachiレポート no.1 attac-WSF blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる